世界のコワーキングスペースシリーズ第1弾は、ITの成長国お隣韓国ソウルコワーキングスペースのご紹介です。

韓国ソウルにもWeWorkブーム?

ソウルの急成長中のスタートアップ傾向と重なった戦争にも負けずにIT系で飛躍していることで、全世界の人々がソウルを注目しています。ITトレンドをリードする多くの企業や最上級のデジタルノマドがWeWorkのコラボレーションワークスペースをオフィスとして使用しています。伝統の企業や中堅企業など、あらゆる規模の企業がWeWorkを利用している現象がおきている。チームとクライアントにインスピレーションを吹き込むことができるオフィスを探しているなら正解はすぐWeWork!とソウルのデジタルノマドのステータスは高いようです。

 

ソウルのデジタルノマドがWeWorkを選択する理由

ソウルは世界的な経済の中心地として新たに生まれ、現在の成長は始まりに過ぎないといえるでしょう。1970年急成長後に新たに姿を変えているソウルは、サムスン、LG、現代などの大企業を国がサポートしており、すべての産業部門の重要な商業の中心地に変貌しました。そしてソウルは、強力な未来を構築するその間でも、過去をを振り替え文化を生かし、複数のリソースを活用して、歴史的な遺物を復元すると同時に、技術革新を奨励しています。

WeWorkのコラボレーションワークスペースは、韓国の歴史と文化を活かしてそのような現場に設定されています。。 WeWorkは、お客様がミッションを達成することができる理想的なワークスペースを提供しています。 WeWorkは韓国ソウルのカルチャと成功事例のマーケティングとして、毎日ビジネスを円滑に運営できるようにするすべての設備の提供に全力を注いでいるともいえるでしょう。

また、プレミアムコーヒー、専用のフロントデスクサービスと素敵なラウンジで柔軟な月の料金プランと一緒に提供される利点は、コミュニティマネージャーのサポート、全世界のメンバーとリソースのネットワークを活用し、昼間の特別なイベントに至るまで、様々な設備を提供します。

会社をWeWorkポイントに移動すると、都心アクセス利便性、韓国で最も急速に成長しているスタートアップ交流できる機会、便利な交通機関と最高の人材を誘致するための仕事の後のイベントを楽しむことができると評判も安定しているようです。

さって、日本に進出しているWeWorkは一つのトレンドしていますが、そうは言え、地元に愛されているコワーキングスペースもたくさんあります。地元のデジタルノマドに出会える5か所を、ノマドワーカーが調べました。この5か所は全て無料!韓国はどこまで無料で使えるものが多いんだ…うらやましい。

なんと言ってもソウルの今一番やる気溢れるビジネスパートナーにであえるかもしれません。ノマドワーカーがスタートアップするタイミングでお互いの情報を交換するとよりパートナーシップが深まりますね。

韓国に出かけるときは是非訪ねてみてください!※以下の情報は必ず事前にご確認してから行きましょう!情報が変わってたら、インフォフィードもよろしくお願いします。

ソウルの無料コワーキングスペース

서울창업허브(ソウルチャオッハブ)

料金:無料 ※HP予約必須 http://seoulstartuphub.com

利用時間:平日09時~21時、土・日・休日09時~18時

 

 

홍합밸리(ホンハプベリー)

料金:無料 ※HP予約必須 https://honghapvalley.org

利用時間:平日09時~21時

 

 

구글 캠퍼스 서울 Googleキャンパスソウル

料金:無料 ※HP予約必須 https://www.campus.co

利用時間:平日09時~21時、土曜09時~17時

 

 

 

카우앤독(COW&DOG)

料金:無料 ※HP予約必須 http://cowndog.com

利用時間:平日10時~21時30分、土・日・休日12時~19時

 

 

UOWork

料金:最初24時間無料 http://www.uowork.co.kr

利用時間:平日09時~18時