デジタルノマドは仕事を受動的に働いた個人の認識が主体的に変わり現れた、新しいWorkトレンドの一つです。 最近、クラウド、インターネット環境など技術の発展で、フリーなリモート勤務をすることができる環境が整ったため、現代人のメガトレンドとして急浮上してきました。

日本ではノマドワーカーと知られていますが、海外でのデジタルノマドは、すでに全世界的にその地位を強固に固めています。 近いうちに仕事について話すとき欠かさず登場する「デジタルノマド」という概念に疑問を思う人は、話題のネタの為にでも、この言葉をよく理解する必要があります。

 

デジタルノマドの誕生と成長

デジタルノマドという生き方が可能にした要因は、大きく2つに分かれます。 まず、Workに対する認識の変化が現代人をオフィスから離れました。 多くの人々は、もはや特定の会社に所属することだけを考えいません。 その代わりに、自らが1人企業となって主体的な生活を今フリーランスの道を歩き始めています。

第二の要因は、 テクノロジーの進化です。 フリーランスの数が増えると同時に、多くの技術革新が行われました。 2000年から2015年までの15年間、インターネットの普及率は6.5%で43%になって、7倍ほど増え、いつでもどこでもインターネット接続が可能な環境になりました。

また、クラウドの安定性と活用性が立証され、既存の電子メールの機能を超え、場所を問わずいつでもどこでも気軽に働くことができるようになりました。 大容量ストレージを備えた重いノートパソコンや別の外付けハードを持って行かなければならないのも、今は過去になり、インターネットのみの接続と、データへのアクセスが自由になることが可能になりました。 代表的なクラウド・ストレージ・サービスのいずれかであるDropboxのユーザー推移をみると、2011年4月2500万人に過ぎなかったDropboxユーザーは毎年大きく増え2016年3月に5億人に達するとします。( Statista、2016 )

これらの要因に誕生したデジタルノマドは、住宅のコストが高い大都市に居住する必要がないから、比較的住宅価格が安く、生活費が少なくかかる郊外に住むことができます。 したがって、同じ収入でも、より良い生活を送ることができるようになりました。静かで自然と触れ合う場所に移動しながら、環境的な問題や人間関係から来るストレスが大幅に軽減し、自然と業務効率も増えると考えられます。 人々が既存の業務環境で感じたニーズを予想以上に満足することができ、さらに高速で成長することができました。

実際に2035年には60億人の労働力のうち50%以上である約30億人がフリーランスとして活動するという予測結果があります。 また、Teleportの創業者であるSilverKeskkülaによると、経済活動人口5人中1人は、リモート勤務をしているという、デジタルノマドの規模がどれだけ大きいことが想像することができます。

さらに、2011年に600箇所に過ぎないコワーキングスペースは、2014年に3000箇所に増え、2015年に7800箇所を記録し、今年まで1万箇所以上のコワーキングスペースが運営されると予想しています。( Global Coworking Survey 2015 -16 )デジタルノマドと最も密接な市場であるコワキングスペースの爆発的な供給量を見ても、デジタルノマドが安定的に増えていることを知ることができますよね。

 

世界のデジタルノマド

このようなノマドワーカーの生活は、フリーランスの形態の業務環境を簡単に見つけることができる、アメリカとヨーロッパでスタートしました。 そのため、既に安定している団体やサービスを簡単に見つけることができます。

 

バリの「フブド」

一般にハネムーン旅行で多く知られているバリは、デジタルノマドの聖地とも言える場所です。 自然に囲まれた天恵の環境と手頃な価格の生活費は、豊かでリラックスした生活を提供しています。 さらに、瞑想および健康食品など、バリが持つ文化的遺産が特に西洋人たちに新鮮項インスピレーションを呼び起こし、デジタルノマドが集まっています。

特にフブドという町のコワーキングスペースである「フブド」はバリブームの起爆剤になりました。 フブドはバリでの滞在するノマドワーカーに働く空間を提供することから住居スペースも設け関連イベントを開催するなど、部外者がウブドに定着するように努力しています。 オンラインコミュニティで急速に広がっていったフブト関連ニュースは、多くの人々をバリに向け、ウブドではなく他の村でもデジタルノマドのための拠点が今も生まれています。

 

 

Teleport

「Teleport」は、デジタルノマドのためのポータルです。 Teleportはノマドワーカーが、実際に移住するために必要な準備期間を最小限に減らして「誰でも自由に移動の自由」を確保しようと、さまざまな情報を提供しています。 Teleportが提供するサービスの中で最も代表的なのは「Teleport Cities」です。 自分の生活パターンと仕事のやり方、お好きな周辺環境と経済的な条件などを項目別にチェックして検索すれば、地球上に存在する場所の最適な選択肢を知らせるサービスです。 テレポート開発者は、ほとんどがSkypeを作った開発者であり、離れている人々の間で心理的な距離を縮めることが目標であった彼らは今、都市間の物理的距離を縮めるために一緒に働いています。

このように、さまざまなスタートアップとコミュニティが世界各地でサービスされており、日本も例外ではありません。 まだ国内ではなじみのない概念だと感じるかもしれないが、今は私たちの周りでも、簡単に見つけることができます。

 

 

LIKE LION

韓国で初めてコーディング教育を普遍化させて、グーグルインパクトチャレンジで1位をおさめ、世界的にも定評のある「LikeLion」は最近、デジタルノマドと関連性を深めるプログラムを行いました。 期間別に目標を設定して、プログラミングをする既存の枠組みから抜け出し、都市の目標を達成するとその次の都市に移動し、世界を巡るプログラムです。 開発基準を時間ではなく都市を基準都市、時間に追われるストレスから解放するように、次の都市へのときめき感を動力とするプログラムです。 「LikeLion」は、デジタルノマドというコンセプトを不特定多数の人々にアピールしているという点で大きな社会現象を起こしています。