台湾コワーキングスペース

台湾では、最近の鼻ワーキングスペースがもたらす価値を認識し始めたニーズが生まれています。特に若い創業者たちの間では、「創業コミュニティは鼻ワーキングスペースで開始することが利点」という認識が強いとします。また、オフィスリースうるさい高価な家賃を節約することができており、リーズナブルな価格で提供されている鼻ワーキングスペースの人気が高まっています。

 

CLBC

CLBCは台湾初の鼻ワーキングスペースとして2015年に設立されました。台北で二つのセンターを運営しておりしたセンターあたり約9個程度のオフィスを保持するほど規模が小さいが、台北で一番人気のある鼻ワーキングスペースとして浮上しています。月のメンバーシップ費用は$ 6,000(約20万ウォン)から開始されます。

画像出典:CLBC

 

 

Project 0.1

台北に位置project 0.1は2017年にオープンしました。約40坪ほどの小さな規模で運営されていますが、トレンドリーダーをコンセプトに若いデザインで構成され、新しいルーキーとして浮上しています。 (価格非公開)

画像出典:Project 0.1

 

 

 

マレーシアコワーキングスペース

マレーシアコワーキングビジネスはまだ市場の初期段階ですが、様々な産業群のスタートアップが活発に成長しており、多くの企業が投資を受けて拡大しています。代表的に注目しているコワーキングスペースはこちらです。

 

Worq

Worqはクアラルンプールに拠点を置くコワーキングスペース。Cradle、500 Startups、Jungle Venturesから約8億の投資誘致を受けて2017年に設立されました。現在は、1つのセンターを運営しており、400人余りの規模を収容することができるオフィスや各種アメニティを備えています。創設者によると、2017年5月時点の95%の入居率を見せているほど人気が​​高く拡張する計画とのこと。ホットデスクの価格は300RMからスタートできます。

画像出典:Worq

 

 

H Space

Petaling JayaとKota Damansaraに位置しているH Spaceは合計800坪規模の鼻ワーキングスペースを運営しています。ホットデスクは390RMに策定されています。

画像出典:H Space