最近1人の企業・創業への関心とスタートアップの継続的な増加に伴い、事務スペースの効率化と創造的なワークスペースの興味が高まり、その重要性が高まっています。まだコワーキングスペースの利用は少しは不慣れに感じるかもしれませんが、日本も世界もその広がりは旧ピーチに上がったいます。

「共有経済」の概念が広がって重要な役割をすることになり、韓国だけでなく、中国でも信じられないほど多くのコピーキャットが登場するなど、一つのトレンドとなりました。全世界的にコワーキングスペースを利用する人の数が約120万人を超えると予測ほどです。 (More Than One Million People Will Work in Coworking Spaces in 2017、deskmag)

 

最近では、経済が盛んに発展しており、人口も少なくない業種問わず「機会の地」とされている東南アジアでも鼻ワーキングスペース熱風が吹いているとします。 Regina Lim(National Director、Capital Markets at JLL)によると、現在、東南アジアの鼻ワーキングスペースは、1〜5%に過ぎないが、2030年までにオフィス市場の約10〜15%を占めると予測しました。 (Why coworking is flourishing in Southeast Asia、JLL)

 

このように新興国でもコワーキングスペースビジネスが活発化しているという点が興味深いですね。熱く浮上している東南アジアのコワーキングスペースの現状を主要国別に簡単にまとめました。東南アジアでも、私たちが考えているよりも多くのコワーキングスペースが存在しており、継続的に増加している様子があります。

 

また、それぞれの国の個性に合わせて様々な形の姿で生まれているが、目標や解決しようとするところは、ひとつを向いていることを分かります。まさに新興企業、中小企業、および多国籍企業が成長するためにあり、美しい空間と活発なコミュニティを提供・利用することができると、これらによる相乗効果を創出することができる「新しい概念のオフィスプラットフォーム」を作ることです。

特にコワーキングスペースが盛んでる韓国にも国内ブランド「ファーストファイブ」とグローバル企業」のWeworkの後に続いて同類のコワーキングスペースが生まれ、新しい形のオフィス文化を追求しているのです。東南アジアは、国の数が多いため、ビジネスの成長度合いや速度など、韓国とはすこし差を感じますが、「独創的なオフィススペース+活発なネットワーキング+合理的なサービス提供」という目標を持って一緒に成長している市場は間違いないのでしょう。

今回は

  • Hong Kong
  • Singapore
  • Indonesia
  • Vietnam
  • Malaysia
  • Taiwan

のご紹介です。