言葉の由来

「Nomad(ノマド)」とは、英語で「遊牧民」を意味し、牧畜を生業として乾燥地帯や砂漠地帯を移動しながら生活する人々のこと。乾燥している砂漠エリアは家畜の餌になる草も貧しく、人々が住むには物足りない。遊牧民は生活ができる場所を探し続けなければならなかった。

このような遊牧民を意味するノマドを、フランスの哲学者の出版本Différence et RépétitionでNomadismという用語を使い、「デジタルノマド(Digital Nomad)」という単語が一般的になったとみられている。

このデジタルノマドは、フランスの経済学者である。 彼は、「21度前(Dictionnaire du XXIesiècle)」を「人は時間や空間かの制約から解放されるデジタルシステムのおかけで、人々は定着ではない遊牧に変化し、富裕層であればあるほど生産性を高めるために遊牧の道を選び、貧困層であればあるほど生き残るための遊牧の道を選ぶことで、人はみんな遊牧民であると言及していた。固定場所からの解放(location independency)というキーワードで、ちゃショックを起こした多くの若者が熱狂し、デジタルノマドは、新しいライフスタイルに浮上した。

現在のデジタルノマドワーカーは、デジタル機器と通信手段を用いて、現代人の特徴であるこの現象をもっとも活用しているともいえる。 すでに上位の1%ノマドワーカーは、今日はパリのエッフェル塔の下で、次はジュネーヴランドのビーチで、次はスペインの庭を広げてビーチでノートPCを開く。しかし、この1%の現実とは思えない人々の生活は、 ノマドワーカーが幻想する一部に過ぎず、海外で優雅な生活の意味より遠隔勤務として働くワークスタイルが現実に近い。

 

 

ノマドワーカーは、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使い、Wi-Fi環境のある喫茶店など、通常のオフィス以外のさまざまな場所で仕事をする人を指す日本語の表現。 また、そのような働き方を、「ノマドワーク」という。

 

ノマドワーカーのはじまり

2010年を前後シリコンバレーの技術企業の注目のサンフランシスコは、開発者を確保できない多くの企業が生まれた。その現状は勤務地より遠い場所に住んでいる能力を持っている開発者より「交渉力」が生まれ、「リモート勤務(remote work)」というアイデアが提起されたものである。米国など海外では、企業の競争力向上の面では、リモート勤務の認識が急速に広がっていた。

生産性の面でも優れているという事実は、調査資料によって実証される。 9ヶ月間、米国ナスダック上場企業で働いてき職員1万6000人を対象に実施したアンケート調査によると、リモートワーカーの生産性は、オフィス勤務者より13%高いことが分かった。また、リモート勤務の従業員が感じる満足感はよりもはるかに高いことが分かった。(出典<スタンフォードビジネス>、<フォーブス>)

リモート勤務をしている人たちの共通の特徴として、組織と交渉することができる専門性、そして国籍に関係なく人を選ぶ複数のリモート勤務実施企業でコラボレーションを行うことができるコミュニケーション能力などを挙げることができる。もちろんその現実とは裏腹にこれは絹のリモート勤務だけでなく、将来の世界を舞台にした競争社会で生き残るために必須とされる能力でもある。リモート勤務を実施する企業に有望な人材が集中し、既存の伝統的なオフィス業務の方法を固守する企業は、必然的に人材を見逃すことも多くなった。

 

採用形態の変化

このような現象が果たして他国、遠い未来の話だけだろうか。高い失業率と正規職雇用の消滅などの仕事パラダイムの変化は、世界の社会に新たな議論に浮上した。技術の急激な発展に、雇用は極細分化され、一般的な会社員のコンスタンスな事務、すなわちゼネラリストがしてきたことは、ロボットや人工知能に置き換えられるという予測は、火を見るよりも明らかだ。 2020年までに、米国の労働人口の40%が、フリーランスのになるだろうという<Quartz>報道を見ても一人が一生正社員として働くシステムは崩壊するしかない。

4次産業革命の大きな流れの中で、デジタルノマドはおそらく最も極端な事例とすることができる。しかし、いつもそうだったかのような極端な事例が、より大きな変化を導いてきたのも事実だ。過去、経済イノベーションセンターで開かれたデジタルノマドイベントには、このような変化の前段に立っている企業の事例が紹介された。

ワードプレスの開発会社であり、全従業員のリモート勤務を導入したオートマチック(Automattic)のマットフェリー(Matt Perry)とスタッフ・ユー(Steph Yiu)は、世界45カ国に散らばって働く450人の従業員の仕事スタイルや文化を紹介した。メールの代わりにスラックというオンラインコラボレーションツールを使用して、週1回のビデオチャットでリアルタイムの会議を、グループのブログを介して意思決定プロセスを共有する。マネージャーが別にあるわけでは無く、すべての職群が水平的に働き、数時間を仕事かどうか結果(output)のみ評価する。

偏見を排除するために、対面面接の代わりにチャットだけで採用プロセスを行い、契約後には徹底的な信頼をもとに運営される。 3000ドルのホームオフィスの費用やカフェ費用、コワーキングスペースメンバーシップなどを福祉制度に備えている。

ITフリーランスの採用と雇用の検索プラットフォームであるタプテルは世界トップ3%に相当する開発者やデザイナーを保有している。もちろん全職員にはリモート勤務が保証される。ウズベキスタン出身のアレクセイシェーン(Alexey Shein)は「タプテルで働く外国人がまだ2人しかありませんが、優れた開発者を採用するためにここにきた」とタプテルアカデミー、女性開発者のためのタプテル奨学金、毎月賞金5000ドルが授与されるタプテル大会など組織文化と採用プロセスを紹介した。

作家、<フォーブス>記者のカービィグプタ(Kavi Guppta)は、2年間、デジタルノマドで生きる自分の話を伝えた。 「デジタルノマドは常に動いて、技術をアップグレードして、仕事を探して、サービスや製品を売り、技術を利用してモバイル化し、サービスをローンチすることをするこれらの意味」であり、自分も「リモート勤務がまさに私が最も幸せに働くことができる方法であることを自覚している」と述べた。

彼はまた、「職場を変えることができれば、世界を変えることができる(If you can change the workplace、you can change the world)」は、スイスのビジネス理論アレックスオズワルド(Alex Osterwalder)の言葉を引用し、「家族の世話をし安定的に生きる教育受けるアジア文化圏の若者たちには、周辺の視線などにより厳しく感じるかもしれないが、デジタルノマドという生き方に自分を追い込んで見る喜びを感じよ」と促した。

 

将来のために準備したい力量

日本だけでもリモート勤務に対する認識が変わっていき、若年層を中心にデジタルノマドの好奇心が高まっている。少子高齢化による労働力不足に悩まされている日本社会が子育てや介護など経歴断絶女性人材を効率的に活用しようとする動きが企業を中心に広がっているのだ。日本政府も積極的で、 2012年基準11.5%である在宅勤務導入企業の割合を2020年までに3倍に伸びるという方針を昨年6月に閣議で議決した。

「小中高校12年の間に、誰もが同じ環境で同じことを学ぶ教育環境の中で育った人々は決して創造的でもなく、何を開始するかもしれない。最初はリモート勤務で一緒に仕事をする適切な人々を見つけることが困難だったけど、徐々にデジタルソリューションに慣れながら、自分だけのアイデアを出して、プロジェクトの作成を開始しましたよ。」のインタビューでの意見も。

今、自分自身を見てみよう。正規雇用が減っているという明白な現実を無視して盗人のように近づく未来は自分で合っているか。狭い陸地、上司と交渉し続ければならばい文化の違いを理由に拒否だけことはない。特捜的な考えが得意な人なら巨大な変化の流れの中、自分らしく生きるために、デジタルノマドに挑戦を試してみるのも今だけできることであろう。