コワーキングスペース市場

全世界的にコワーキングスペースの市場が注目を集めています。 グローバル企業のWeWorkがすでに日本へ参入し、国内固有のコワーキングスペースも増え続ける傾向にありますが、このようなコワーキングスペースのトレンドをレポートしました。

ドイツのベルリンでコワーキングスペース関連トピックを中心に、オンラインマガジンを運営するdeskmag社、ベルギーのSocialWorkplace社2016年11月9日から12月23日までに1,876人を対象にオンライン調査を実施した( http:// www .deskmag.com / en / background-of-the-2017-global-coworking-survey )。 その結果に基づいWorker’s Resortの記事を参照して、コワーキングスペースのグローバルトレンドに着目しました。

 

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。 一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。

コワーキングスペーストレンド

コワーキングスペースの市場の成長は今も進行中

初回調査が行われた2010年からコワーキングスペースの数は毎年増加し、今年は昨年比2,500個増の約1万3,800個のスペースが全世界に存在します。 これと共に、利用者ことも昨年より34万5000人増加し、今年は118万人に上る見込みで成長率は減少気味ですが、市場としての成長はまだ大きく見えています。

 

スペースの機能は、「コワーキング」だけではない

市場競争が激しくなっている中、コワーキングスペースは、単純な「共同作業空間」にとどまらない、すでに79%のコワーキングスペースが「共同作業スペース」以上の機能を備えています。 その中で最も多いのがイベントスペース要素です。 イベントスペースレンタルで収益を上げることや、イベント内容に伴い売上に繋がるコワーキングスペースは、今も少なくありません。

インキュベーターやアクセラレータ施設として入居者をサポートしているコワーキングスペースも最近増加しています。コワーキングスペースの本場であるサンフランシスコで特に人気のあるスペースでよく知られているGalvanizeは、データサイエンティストによる講座やコーディングクラスを提供して勉強コミュニティを形成しています。

カフェを隣接するコワーキングスペースも増加傾向でもあります。 昨年サンフランシスコでオープンした新規コワーキングスペースであるCovoは「カフェで作業している人がコーヒーを飲み干した後は居心地が悪い」の話題に着目して、おいしいコーヒーを提供しながら、1時間単位でスペースを利用できるサービスを提供しました。 基本的にはコワーキング業界では、月ごとのメンバーシップ契約をするが、利用者がそのような重いメンバーシップ契約を気にせず、数時間楽に利用できることを利点とする運営店舗もあります。

 

メンバーの特徴

新規入居者がコワーキングスペースを知ったきっかけとなった理由の1位は「口コミ」でした。 この調査では入居がコワーキングスペースに最も多く要求するのは、「通信」は欠かせない要素。 上記「WeWork」のCEOであるクリス・ヒル氏は、自社のサービスをコワーキングスペースではなく、グローバルネットワークのコミュニティとコメントしています。 コミュニティを中心とした概念は、今後のコワーキングスペースの中心になるでしょう。

コワーキングスペース利用者の多くは、修士以上の高学歴であります。 全体回答者の85%は、大学以上の教育を受けたが、そのうちの41%は、学士号、41%は修士号、残りの4%が博士号だ。 2017年報告されたOECDのデータによると、OECD加盟国で大学教育以上を受けた人の割合が平均29%ということに比べれて、コワーキングスペースは、高い教育を受けた人の社交場となっていることが分かります。

 

IT、PR、営業が鼻ウォーカー市場を支配

主なコワーキングスペース業界の主要な顧客はIT関係者ですが、今年は昨年より2%増の22%となりました。 IT関係者を追って大きな成長を見せているのが、PRやマーケティング、営業担当入居者。 昨年8%から14%に増加して存在感を誇示しています。

MS社ニューヨークオフィスは、実際に販売チームの70%の従業員、約300人に、上記ワークメンバーシップを提供しています。 自由勤務を従業員に奨励すると同時に、スタートアップの文化を学ぶことを目的に実施するものでしょう。 大企業によるコワーキングスペースの利用は今後も増加する見込みです。

 

より多くの女性が鼻ワーキングスペースを利用

2010年の最初の調査以来、常に上々傾向のひとつが女性メンバーの増加です。 女性の割合が、2010年32%だったのが、毎年その数少しずつ増加して、昨年は44%にまで成長しました。 この増加は、ここ数年の間にコワーキング入居者数の増加傾向を後押ししている理由の一つです。 また雇用者ではなく、フリーランスが多くいてノマドワーカースタイルが主流です。

しかし、30〜50代の女性メンバーの比率は減少傾向にありますが、子育てというウーマンライフが一番の要因と分析しています。 子供が一人の場合、出産後も仕事を続ける女性が多く、入居者の割合が落ちない一方で、二人の子供を出産した女性メンバー数は急激に低下します。 これから女性に育児サービスを一緒にするコワーキングスペースの需要が高まるかもしれません。

また、半分近いメンバーが海外出張や留守が多く、少なくとも世界の入居者の45%は、年間1週間以上の海外出張があり、その平均は2.4週間であることが分かりました。 国内出張を含めると7週間に増えます。 入居後メンバーシップ期間が長くなるほど、海外で過ごす時間も増えていくことと結果が出ていますが、その要因でより多くの地域でのスペース確保が入居者の利便性に繋がる見込みです。