ガントチャートツール「Brabio」を使ってみた?

5人までならずっと無料のノマドワーカーに必須のガントチャートツール「Brabio」を使ってみました。

ノマドワーカーチームでも実際に活用している「Brabio」は

  • チームのWEBディレクションプロジェクトこと分けて使っている
  • 新しいメンバーと共有できる
  • クライアントやチームとのスケジュール確認

これが一番の使いやすさでした。

 

どちらかという初心者向けもしくはスケジュール・タスク管理のみで活用する

いろいろなCRMを使っていて「Brabio」をおすすめすることは

  • タスクの共有(記録が残り、メンバーにメールが自動送信される
  • プロジェクトことタスクを作る
  • 進行状況が管理できる
  • タスクの日付ことチャートになる

この4つの機能がとてもシンプルなので、ノマドワーカーチームでは、クライアントにスケジュールを簡単に見せるときに一番活用している感じです。

 

実際に提出してみたクライアントの感想

分かりやすいタスクとお互いに修正ができるので、親切に資料を作ってくれたと喜んでいました。スケジュールをPDFで提出するのも良いですが、クライアントが修正したい場合もあるので、EXCELでダウンロードしてEXCELとPDFを両方渡すと、小さいことですがとても親切に感じるそうです。

簡単な制作や少人数のチームだとかなりこれは便利で、分かりやすいツールです。今までEXCELでスケジュールや工程表を出すノマドワーカー、とくに面倒な機能はいやだ!しかも5人までは無料なので、小分けに使う管理におすすめのツールです。※一つのアカウントに複数のプロジェクトの管理、権限指定もあるので、それなりの権限管理もOKでした。

まだ、Googleカレンダーのみのノマドアーカーは一度無料版を使用してみることをおすすめします!

 

以下は、「Brabio」https://brabio.jp/ のオフィシャルサイトで実際に紹介されている機能です。

かんたんチャート作成、進捗管理もバッチリ、マイルストーンだって管理できます

<便利な機能をかんたんに>

  • プロジェクト横断ビュー
  • Excel、CSV入出力
  • タスクをリンク
  • 進捗率(達成率)の入力管理
  • 担当状況確認ビュー
  • プロジェクトサマリー
  • 組織への対応

 

今、誰が忙しいのかがわかる 担当状況 ビュー、グループウェア的につかうこともできる

重要なメンバーほど複数のプロジェクトに参加していたりします。
ブラビオ・プロジェクトの担当状況ビューはメンバーの空き状況を可視化しタスク管理をより確実なものにします。

 

 

レポートには、エクセルファイル一括出力 が便利!

世間の人のほとんどはタスク管理、工程表やスケジュール管理、プロジェクト管理まで概ねエクセルシートでスケジュール管理をしているのも事実です。

ガントチャートをエクセルシート一括出力する機能は強力な機能です。クライアントさんへのレポートや経営者への報告にはきっとお役に立てるでしょう。